デジタルエージェント

ホームページ作成

リニューアル

SEO対策

関西

大阪

神戸

インターネットマーケティング
上部枠
 WEBサイトの運用とは?


WEBサイトを制作し、立ち上げた後WEBサイトの運用が始まりますが、WEBサイトをただ立ち上げただけでは、そのWEBサイトの製作の際に意図した目的を達成することは困難です。何も内容が変わらず、ただ存在しているだけのWEBサイトにインターネットユーザーは関心を示し、魅力を感じることができるでしょうか?
インターネットユーザーを自社のWEBサイトにリピート訪問させるためには、WEBサイトに掲載する内容は定期的に更新して情報の鮮度を保ちインターネットユーザーのリピートを促すとともに、ログ解析ツールなどを使って、WEBサイト上でのインターネットユーザーの動向を常に把握し、活きたWEBサイト運営を心がける必要があるでしょう。


WEBサイトに求められるのは情報の鮮度!


 1ヶ月前に訪問したWEBサイトを再度訪問した際に、そのWEB[サイトの情報が何も変わってなかった場合、再度WEBサイトに掲載されている情報を再度見に行くでしょうか?
 また、それが、数ヶ月間まったく情報が更新されていないWEBサイトであれば、インターネットユーザーは情報を閲覧する意味をなくし、その内容に飽きてしまいWEBサイトより離れてしまうでしょう。
 WEBサイトを利用して何らかのビジネスを展開する場合またはインターネットユーザーを自社のWEBサイトに定着させる場合には、WEBサイトに掲載している内容の定期的な更新が必要です。また、その情報にはリアルタイムな発信が求められます。

WEBサイトのレスポンスを図る


 WEBサイトにどれくらいの訪問者がいるのか、その訪問者はどこから来ているのか、どのようなキーワードで検索してWEBサイトに訪問してきたのか、訪問者はどのページに興味を持っているのか、などWEBサイトを運営していく中でインターネットユーザーのWEBサイト上での行動履歴を管理することによってWEBサイト上でマーケティング情報を入手することができます。
 WEBサイトを運営していく上で、インターネットユーザーの行動履歴を管理し、その行動履歴を分析する「ログ解析システム」を導入することにより、費用対効果(ROI)うぃ計測しWEBマーケティングに役立てることができます。

【ログ解析システム導入のメリット 例】

(1)ショッピングサイトを運営している場合、インターネットユーザーの行動履歴を分析することにより、商品及びサービス購入中断の際に、どの段階で商品購入を中断しているのかなどが分かることにより、どのようにサイトを改善すればサイト訪問者が商品及びサービスを購入するかについて具体的な改善策を図ることができる。

(2)様々なサイトに自社のWEBサイトのプロモーションのための広告を出している際に、どのサイトから自社のWEBサイトへの訪問数が多いのか等を計ることができ、費用対効果(ROI)を分析することにより効率性が高いサイトプロモーションが展開できる。

(3)サイト訪問者の行動履歴分析を行うことができれば、WEBサイト訪問者を顧客化する手段やリピート顧客を増加させるための手段を導き出すことが可能となる。



下部枠
お得なオールインワンパッケージ

FAX用紙ダウンロード
フォントサイズ小さくフォントサイズ大きく
フォントサイズリセット



デジタルエージェント
Copyright (c) 2007 DIGITAL AGENT. All rights reserved.